革のアタッシュケースの選び方

革のアタッシュケースは見た目だけで、実際のビジネスでは使い難いと思っていたのですが、実際はそうでもないです。

慣れると少し開けて中の物を取りだす事が出来る様になります。
置く場所さえあれば、大きく開ける事ができるので、探し易いです。これだけ中身が見易いビジネスバッグはアタッシュケース以外に無いと思います。

いわば、机の引き出しをそのまま持ち歩く様な感じです。
タブレットが広まっている今、重い書類を持ち歩く人は少なくなっています。アタッシュケースでスマートなビジネススタイルを演出できると思います。

アタッシュケースは表面が目立つので、アルミやポリ塩化ビニール、合皮と革では違いは歴然です。

クオリティの違いは値段以上にあると思います。
それなのに安いアタッシュケースは通販でよく売られているのに、なかなか格好いい革のアタッシュケースは探すのに苦労します。

それで革のアタッシュケースをピックアップしてみました。

 


 

スリムな革のアタッシュケース

最も見た目が良いビジネスバッグと言えば、薄型のスリムな革のアタッシュケースでしょう。

その姿は見るからに、VIP
でも、本当にビジネスキーマンでないと持てないと思います。

その様なVIP向けの革のアタッシュケースをピックアップしてみました。

 

 

マルティーニストックウェル

真鍮の金具が眩しいです。
持ち手も革で作られていて、しっかりグリップ感があります。

マリティーニストックウェル

世間には本革に似せた合皮もありますが、マルティーニという革は本革だと分かり易いレザーだと思います。

ひと目見て、高級な革のアタッシュケースと分かると思います。




厚みが7センチという所がスリムに見えるポイントです。
開けると大きなポケットが出てきます。このポケットが使い良く、こまごました物を入れて置けるし、冊子などを入れると取りだし易いです。

アタッシュケース詳細ページへ

色は2色あります。





 

クリスペルカーフアンスバッハ

実は私が初めてクリスペルカーフアンスバッハを手にした時、これは本革?と一瞬疑いました。

・・・かと言って合皮と間違えた訳ではありません。高貴な色合いが半端ではなかったからです。

クリスペルカーフアンスバッハ

革というと、厚みや温もり、柔らかさなどの印象があるのですが、クリスペルカーフの革は、全く異なります。

すごくクールな雰囲気です。綺麗なのです。金具の金色がとても映えます。

 
厚みが7センチなので、スリムな形をしています。そして革の美しさと相まって、その高級感に気圧される感じになりました。




アタッシュケース詳細ページへ

色は4色ありますが、どれも高貴なアタッシュケースです。








 

ブライドルロイヤルウィンザー

私が好きなブライドルレザーのアタッシュケースです。
表面の白いプルームは使っている内になくなり、光を映すほどの繊細な色合いになります。

ブライドルレザーは硬い革ですが、その堅牢さが分からない程、ブライドルロイヤルウィンザーはスタイリッシュな姿をしています。

アタッシュケース詳細ページへ

ブライドルレザーの良さは色にもあります。独特の雰囲気が7つの各色にはあります。

私くらいの年齢になると、モスグリーンが好みです。電灯と太陽光では違った色合いに見えます。落ち着いた渋めの色です。





 

ビジネスバッグとしての革のアタッシュケース

11センチを超える厚みがあると、大きく感じます。実際、収納力が高く、ノートパソコンだけでなく色々な物が入ります。

これだけ大きなアタッシュケースだと実務的なビジネスバッグです。
しかもアルミや合皮ではなく、革のアタッシュケースとなると持てる人は限られているでしょう。

エグゼクティブのステータスになる革のアタッシュケースは通販ではあまり見つけられませんね。

 

 

ブライドルロイヤルヘンリー

厚みは11.8センチ、重厚感が凄いアタッシュケースです。
補強の革が角に縫い付けてありアクセントになっています。これが重厚感をアップさせています。

ブライドルロイヤルヘンリー

中に何が入っているのだろうか?
このアタッシュケースを見ると、中身にも興味が沸いてくるのが不思議です。

手元にブライドルロイヤルヘンリーを持ってくるとブライドルレザーの心地よい香りがしました。流石にこれだけ大きいとブライドルレザーの香りは強いですね。

アタッシュケース詳細ページへ

色は下の7色あります。












 

クリスペルカーフオルベンブルク

厚みが11.5センチあり大きなアタッシュケースですが、それよりも上品な印象が強いです。


革が特別なのですね。表面の革に光が反射する様がこのクリスペルカーフオルベンブルクの魅力です。

見るからに高価そうに見えるので、このアタッシュケースを持っていると相当な金持ちに思われるでしょうね。

アタッシュケース詳細ページへ

色は4色から選べます。








 

マルティーニオーベル

革の最も革らしさが感じられるのがマルティーニオーベルだと思います。
表面の皺やシボに本革の優しさを感じます。

厚みが11.6センチもあると、革の質感が圧倒的です。

私は持ち手が特に好きです。厚みがありしっかりした持ち手です。

高価な革のアタッシュケースなので、マルティーニオーベルを持てる人は限られているでしょう。

アタッシュケース詳細ページへ

色は革の質感が分かり易い2色あります。